flower border

choco*coru*ne♪

にゃんこと一緒*幸せな毎日*

ゆったり、スロー時間

Categoryおススメ動画(英語スピーチ等)
ようやく引越し記事書けたので
ちょっと脱線

好きな番組のひとつ、NHKの英語スピーチ「TED」。
様々な分野の人がプレゼンテーションを行なうのですが
なかなか面白いです。

興味深い研究の話もあれば
心を打たれるエピソードもあったり・・

数十分の短い時間の中に、伝えたいことが凝縮されていて
さすがだな、と思わされます。
スクリーンショット-2014-09-16-08_22_45
どの人も大体、ちょっとしたジョークを入れたり、ユーモアを交えるスピーチは
外国人ならでは、の話術だなと感心。

そんな中で和むプレゼンテーションが

ノルウェーの「スローテレビ」と呼ばれる人気番組の仕掛け人、
TVプロデューサーのスピーチ。


Thomas Hellum
トーマス・ヘルム

The world's most boring television and why it's hilariously addictive
「世界一退屈なテレビ番組に、病みつきになるワケ」

width_410_height_273_mode_MaxWidthOrHeight_pos_Default_color_White.jpg

この番組、
暖炉の炎を延々と12時間映し続けたり、
セーターが出来上がるまでの編み物の様子や
船の出港から航海の様子を、134時間リアルタイムで流したり!


初放送は
長距離電車の走っている様子が7時間。。
車窓からの景色、トンネルをくぐって、駅を通過して・・という
何が起こるわけでもなく、ただただ、電車が走っているだけ。
・・まさしくスローテレビ。

cap00076.jpg

この、一見退屈そうに思える番組。
この番組を手掛けた本人も、
「こんなのんびりした番組が、視聴者に受け入れられるだろうか」
と思っていたらしいです。
せいぜい、鉄道オタクくらいが観るだけだろうと・・

それが、まるで自分が乗ってるかのような錯覚に陥いるのか、
見続ける人が多かったようで
予想を上回るほどの高視聴率に!

面白いのは、76歳のおじいさん!
番組を最後までずっと見ていて
終着駅に着いたところで席を立ち(!)
荷物を手に取って(!!)
それからカーテンレールに頭をぶつけて(!!)
列車の中じゃないことに気付いたそうです・・・

印象的なのは、リアルタイムで流した、船の番組。
なんと、国民の6割が観たのだそう・・!!

th5.jpg

このおじいさんは82歳で、ほとんど眠らず見ていたそうで
「何かが起きるかもしれない、それを見逃したくない」と見続けていたようです
th14.jpg

生放送だっただけに、ものすごい盛り上がりだったようで、
船が通過する場所で人々が手を振ったり
プラカードをもった人がメッセージを伝えたり。。
そのときの様子の映像を見るだけで
私までワクワクしました。

映像もとてもきれいで!
それでいて手を振ってる人々の姿に
なんだか感動・・


==スピーチより==

So why does this stand out? This is so completely different to other TV programming.
We take the viewer on a journey that happens right now in real time, and the viewer gets the feeling of actually being there, actually being on the train, on the boat, and knitting together with others. And the reason I think why they're doing that is because we don't edit the timeline.

なぜ注目されるのか? それは、ほかのテレビ番組と全然違うからです。
番組はリアルタイムで進行し、視聴者は自分がそこにいるような気分になります。
列車や船に乗っていたり、誰かと一緒に編み物をしていたり。
こうした没入感があるのは、時間を編集してないからです。

==========================

延々と続く同じような景色、何が起こるわけでもなくて。



でもその景色を見ていると、自分の中でストーリーが作られていって
「あの家から誰か出てくるかな?」「あの牛はどこにいくんだろう・・」って。

船や鉄道を、単なる移動手段として、早く目的地に着きたい人もいれば
乗っていること、それ自体を満喫できていて楽しい人もいる。

鉄道の番組を観ていて楽しいかどうかも、多分、そういうところで決まるのではないか、と

一生懸命忙しく働いて経済を強くしていくことも重要だけれど、
人生という旅の中で毎日を満喫することも大事だと思う、と
番組ナビゲーターの伊藤さんも言ってました。

無意味なようでいて、そういった時間を楽しめて満喫できるということは
豊かな気持ちを持つことにつながるんだろうな、と。

忙しい日常から、ちょっとでも気持ちが離れられるって大事。

そしてリアルタイムで進むその番組を見ながら
Twitterやフェイスブックで、みんながあれこれやり取りして
一緒に旅してるみたいに・・

そんな時間を他の誰かと一緒に共有出来たら
(それは、知人だけでなく、実際には会ったことのない、知らない人とでも)
なんだか楽しくて、素敵な時間だと思う。

そんな番組があったら、私も流していたいな~。