flower border

choco*coru*ne♪

にゃんこと一緒*幸せな毎日*

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I know

Categoryテレビ・映画・舞台
だいぶ前に姉から薦められて観た映画。


西の魔女が死んだ

51Tpxaqwa4L.jpg

まぁよかったかな、という感じだったのだけど。。



なぜか今回は知り合いから
「Nさんが好きそうな映画だから、是非観て!!」と、強く薦められ・・
「観たことありますよ~よい映画ですよね^-^」とさらっと返事したのですが



私が好きそうって二度もすすめられるのって
こんなのも何かの縁なのかなーと
もう一回観てみようかなと
またまたレンタルしてきちゃいました

nishino1.jpg


で、数年ぶりに観た結果・・


よかった!なぜか2回目の方がよかった!!
話の内容わかってるはずなのに、なぜなのでしょうー



一回目に観た時は感じなかったことまで。。
深い・・


うるうるTT
じーん、きましたTT



なのでなので観てよかった!







話の内容は・・不登校になってしまった都会暮らしのまいが、ひと月あまり、田舎のおばあちゃんのお家で過ごすのです。

img_1213843856248.jpg
こんな素敵なお家!



おばあちゃんはまいが来るのをとても楽しみにしていて。。
まいを優しく迎え入れ、
魔女になるために大切なことを教えてくれます。


それは日々の生活を大切に、規則正しく生活すること。

そして自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力も大事。
08cinetitle113.jpg

早寝早起き、三度の食事、適度な運動、お手伝い、勉強。

なーんだって思えるような基本的なことが実は難しくて。

そんなふうに生活にリズムをつけることで、心も身体も変わっていくのだろうな。
e5b9a440.jpg

そして不登校になってしまったまいを責めるようなこともなく
毎日一緒に過ごすことで、日々の生活で何が大切か
さりげなく教えてくれて
それが主人公の心も変えていったような。。

329675view020.jpg

まいの不登校の理由を聞かないおばあちゃん。

「まいがここにいたいと思ったらずっといても良いんですよ。
自分が楽に生きられる場所を求めたからと言って後ろめたく思うことはないんです。
ハワイより北極で生きるほうを選んだからと言って誰がシロクマを責めますか」と。

例えがおもしろいけれど、選択したことを責めずに尊重してくれるって
とても心強いなって。


・・まいが「女子の付き合いって、独特なんだよね。
クラスの最初に、バタバタっといくつかのグループができるんだ。
それで、休み時間に一緒にトイレに行ったり、好きなアイドルの話とかするんだけどさ…」って

私もこれはまいちゃんと一緒、わかるなぁというか、そんな子だったなというのも思ったりした(^-^;)
つるむの苦手で、、、よっぽど一人の方がいいと思ったりもしたけど
そんなわけいかないのが小中高の女の子の世界なのだよね。

img_0.jpg

で、おばあちゃんの丁寧で優しい口調がまたあったかくて。
nishino3.jpg
まいが言う「おばあちゃん、大好き」

I knowって。あったかいなぁ。






印象に残ったシーンは
まいの疑問

「おばあちゃん、人は死んだらどうなるの?」と。


「死ぬということは、魂が体から離れて自由になることだと思いますよ。
魂は体がなくなってからも、長い旅を続けなければなりません。」


死んだら終わりでなく、魂の旅は続いていく。


まいが「体なんて必要ないじゃない」と言うと・・


「魂は体を持てるからいろいろなことを経験できるのですよ。
いろいろなことを経験しなければ成長もできないの。

草や木が光に向かってのびていくように
魂は、成長することを望んでいるのよ」と。


そして「体があると楽しいことがたくさんありますよ。
ラベンダーとおひさまのにおいのシーツにくるまったとき。
寒い日にひなたぼっこしたとき、
熱い夏に木陰で休んだり、、
幸せだと思いませんでしたか」って。


魂の成長のために
この人生でいろいろ経験していくのかな。
それを魂が望んでいるのなら
いろいろ経験して感じていくことで、魂は喜んでいるのかな。


b9bab2c6.jpg

素敵なおばあちゃん。
まいとの約束もきちんと覚えていてくれて。。

まいにとって、このとき過ごした日々は宝物のような
思い出になってるだろうな。


最後に流れる手島葵ちゃんの曲もまた泣けますー


この季節に最適かな♪
また観たくなりました~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。