flower border

choco*coru*ne♪

にゃんこと一緒*幸せな毎日*

クロッシング

Categoryテレビ・映画・舞台
少し前の映画ですが、

他の作品の予告編を見て気になって、借りてみました。



観ていて、なんともつらい映画だった。。

クロッシング [DVD]クロッシング [DVD]
(2010/12/24)
チャ・インピョ、シン・ミョンチョル 他

商品詳細を見る


北朝鮮からの脱北、

生きるために離れ離れになった家族。

img_1796923_60088081_3.jpg


この映画は、実際の100人近い脱北者への取材を基に作られたのだそう。

だからこれは北朝鮮の現実でもあり

脱北した人たちの生の声が聞こえてくる、

単なる映画ではない、

訴えかけてくるものがある。

CLSING_0001.jpg


本当にこんなことがこの時代にあっていいのかと思ってしまう。。

そしてどうして何十年も前から

北朝鮮の実情は変わらないのだろう・・

世界各国のリーダーたちも、どうにもできないの??って思ってしまう。

もちろん、私たち普通の一般人も考えていかなければいけない問題で・・

北朝鮮で貧しい暮らしをしている人たちを

見殺しにしている気がしてならない・・

無力すぎるTT


予告編だけでもかなり重いです。




脱北した父親が、韓国での勤め先の上司に「神様に祈ろう」的なことを言われた時

「南朝鮮にしか神様はいないのか?

神様も裕福なものにだけ?

どうして北朝鮮をみな放っておくのですか!」と

泣き叫ぶシーンは、胸に迫るものがある、、



息子もまたいい子すぎてTT

あと再会できた女の子の変わり果てた姿も痛々しかった・・

本当にこんな現実が、すぐそこの国で起こっている現実なのだなと。

ほんとつらすぎるTT
クロッシング


それと。。最初、わんこを飼っているのだけど・・

一緒にボール蹴って、かわいがられていて・・

でもお父さんが、結局殺してしまい、夕食に・・

(わんこをかわいがっていた息子は、最初知らなくて

「おいしい」って食べてたんだけど、気付いて泣いて吐いて・・)

だけど、それも生きるために必要だったから

そうせざるをえない決断だったのだよね・・



動物をかわいがって「ペット」として(ペット、という言葉はあまり好きじゃないけど・・)

生涯家族として一緒に生活するって

本当に余裕のある、幸せな国でしかできないだろうななんてことも

思ったりした。



そして脱北後、中国の大使館に逃げ込むシーンも緊迫感あって

だいぶ前になるけれど、瀋陽の日本大使館でのニュースを思いだしました・・


お父さん役、チャ・インピョ
KJ00109206.jpg

監督からのオファー、初めは歓迎されない作品という考えに出演を断った。

そうして断ったその日ニュースで飢え死にした北朝鮮の少年の写真を見た。

あまりに痩せてかばんを抱きしめて死んだ少年の写真を見て、

その子がそんなになるまで私は何をしていたのかと言う思いに泣いた。

私が俳優として彼らのためにできる事が何かを考えて出演を決心するようになった。




監督:キム・テギュン

「この作品を準備し、作っている間に私は何度も涙を流した。

今この時点でも、経済的に苦しい人たち、おなかをすかせている人たち、

国境を渡っている人たち、家族と別れた人たちが北朝鮮にはいる。

そういう人たちにどうかたくさんの関心をよせて、

一緒に涙を流すことでいつの日か幸せがくればと願っています」




note_img02.jpg



映画を観た人のコメント。

crossing3.jpg


crossing4.jpg




そしてこの間目にした記事。

北の収容所から脱獄、国外逃亡に成功した唯一の人間だと言われている、シンドンヒョク氏のインタビュー。

こちらも衝撃的でした。

nk-prison-camp-escapee-on-cnn.jpg


「北朝鮮の強制収容所の存在を世界中の人に知ってもらいたい。

北朝鮮には動物のように生まれ、飼育される人たちがいる。そのことを説明しなければならない」




内容はこちら